座りすぎケア❾ セクション1 姿勢の悪さがもたらす結果 ◯丸くなった姿勢の改善 肩、胸、首の筋肉は背中が丸くなるにつれ それに順応するように丸くなり、硬くなり 縮んだ状態になる。 背骨を整え、安定させづらくなる。 対処法 …

もっと読む »

座りすぎケア❽ 可動性を高める7つの処方箋。 1.姿勢の悪さがもたらす結果 現代社会特有の姿勢が、背骨を支える 多くの筋肉に問題を与える。 背骨は安定を求め、周囲の筋肉の動きを 制限して固定化してしまう。 悪い姿勢から引 …

もっと読む »

座りすぎケア❼ ガイドライン4 毎日10〜15分間の身体メンテナンスを行う。 身体のメンテナンスに休日はない。 基本的なメンテナンスは痛みを解消し、関節と組織の可動域を改善し、硬い筋肉の柔軟性を回復させる。 ここまでは古 …

もっと読む »

座りすぎケア❻ ガイドライン3 可能な限り、姿勢とバイオメカニクスを 優先させる。 よい姿勢を学ぶのはとても簡単なことだ。 ほとんどの人は10分もあれば、よい姿勢に直せる。 難しいのはそれを習慣化することだ。 よい姿勢を …

もっと読む »

座りすぎケア❺ ガイドライン2 30分間のデスクワークを行うごとに、 少なくとも2分間動く。 座ることがよくない理由として、 1.筋骨格系に慢性的な負荷をかけ、無数の 身体機能不全を引き起こす。 2.座ることは動いてない …

もっと読む »

座りすぎケア❹ ガイドライン1 不必要な座る習慣をへらす 必要な時だけ座ることは、健康に対して最も有効な行いの一つである。 最も改善させやすいのは職場環境だ。 可能であればスタンディングデスクに変更する。 休憩時間から「 …

もっと読む »

座りすぎケア ❸ 机に縛られている人達のためのガイドライン 座りすぎに関連した問題の解決は、非常にシンプルである。 活動量を増やし、運動の質を改善、身体の基本的なメンテナンス方法を学ぶ。 あなたの健康状態を底上げする4つ …

もっと読む »